【スタッフレビュー】
コクがクセになる、濃厚ミルクシューアイス。

syu4

昨年の夏、PREMIUM MALLの人気商品No1の実績を誇り、
今年の夏も人気商品として常連となった【濃厚ミルクシューアイス】をご紹介。

高級アイスクリーム以上の濃厚さを示す、
「無脂乳固形分9.5%、乳脂肪分15%」。

“濃厚なバニラ“に出会いました。



“高級アイスクリーム“というフレーズから想像を超え、
いい意味でギャップがあり、愛着が沸きつつ、どこか懐かしさのあるポップなパッケージが目を引きます。

syu2

『一番おいしい食べ方は、冷凍庫から取り出し、室温(常温)で約3分くらい置くこと。』
製造元からのコメントでは、この時間がオススメとしていますが、
私の食べた環境が室内温度約27℃。

個人的にすこし溶けたところが欲しく、室内温度から想定して約10分置いてみました。
この間に、濃厚バニラにコントラストをもたらしてくれるという、自信と期待を込め、コーヒーの準備へ。



静かに溶けていくシューアイスを横目に、頃合いをみてコーヒーを淹れます。
深みのある芳香が部屋に広がり、シューアイスにナイフを入れ、待望の瞬間。

syu3

つうっとバニラが滴る寸前。見るからに、私好みなやわらかさを確信。

バニラに散らばる、バニラビーンズの多さに胸が高鳴ります。

そして“濃厚バニラ”を堪能するとき。

まず、シュー生地の軽さがバニラの邪魔にならない、ほどよい薄さ。
主役のバニラの味わいが強く瞬間的に口に広がります。

『濃厚だ』

シンプルにこの感想がよぎりました。

おいしいという観念より、先に濃厚という感覚。次に『これが研究を重ねた結晶なのだな』と納得と安堵。

カップに手をつけ、コーヒーを喉に通します。
バニラのもつ濃厚さとコーヒーのもつ芳醇さが見事にマッチングしていました。

漠然とした旨味に対する気持ちは、次第に自分の中で、
『問題なく、濃厚でおいしい』にたどり着きました。



「おいしいバニラのアイスが食べたい」
「気になるけど、本当に濃厚なの?」

ご安心ください。納得の濃厚さです。

気になる方は、迷わずお召し上がりいただきたいのです。

名残惜しいのですが、
今年で販売終了の、大変貴重な逸品となっております。

うなだれる暑い夏。
夏季を感じるスイーツ、【アイスクリーム】。
今年の夏は、濃厚ミルクシューアイスとともに過ごしませんか。