送料無料

ほんのり甘くて飲みやすい お子様からお年寄まで喜ばれています

はちみつ青汁(スティックタイプ)

健康的な体を維持するには必要な栄養素をバランス良く摂ることが大切ですが、新鮮な野菜を毎日調理して食べるのは、なかなか大変。 そんな方のために、手軽に栄養補給できるのが、キューサイの「はちみつ青汁」です。 忙しい朝でも、夕ご飯にプラスしても、手軽においしく野菜不足を補えます。 ほんのり甘く、なめらかな口当たりが好評の「はちみつ青汁」は、初めて青汁に挑戦する方にもおすすめです。「野菜嫌いの子どもが喜んで飲んでくれるので助かった」「今まで苦手だったのに飲めてうれしい」というお声を多くお寄せいただいています。

カラー・サイズを選択してください。

¥3,909(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ
※軽減税率対象商品




商品説明

スティックタイプだから、どこでも手軽に栄養補給
外出先や旅行先でも手軽に携帯できますので、いつでもどこでも、はちみつ青汁生活を続けていただくことができます。

防湿や保管スペースの面でも衛生的で、とっても便利!
おすすめ活用術
ペットボトルの水に混ぜても便利!
※その日のうちにお飲みください。

手軽で簡単 約10秒で作れる!

1.はちみつ青汁スティックは、手で簡単に開けられます。

2.シャカシャカカップに水など適量(約100~150ml)を先に入れ、はちみつ青汁を入れます。

3.ふたを閉めて上下によく振って、粉末を溶かして出来上がり。さあ、お召し上がりください。

現代人の野菜不足は深刻です!

健康的な生活を送るための、
1日の野菜摂取目標量をご存じでしょうか?

厚生労働省は、成人で1日350g(※1)以上の野菜を摂取することを推奨していますが、1日の平均摂取量は約276.5g(※2)と、実際は目標を大きく下まわっています。年代別に見てみても、3~6歳では約94g不足(1日の野菜摂取目標量は240g)、40代では約104g不足となっています。
大人だけでなく子どもも忙しい現代。1日の食事の中で目標量を摂取するのは難しく、慢性的に野菜不足となっているのが現状です。

※1 厚生労働省推進「健康日本21(第二次)」
※2 平成28年国民健康・栄養調査結果の概要
※出典/野菜摂取目標量(成人):厚生労働省推進「健康日本21(第二次)」
野菜摂取量(成人):平成28年国民健康・栄養調査結果の概要
野菜摂取目標量・摂取量(3~6歳):第六次改定 日本人の栄養所要量 食事摂取基準の活用


だから毎日の「はちみつ青汁」で栄養補給

健康的な体を維持するには必要な栄養素をバランス良く摂ることが大切ですが、新鮮な野菜を毎日調理して食べるのは、なかなか大変。そんな方のために、手軽に栄養補給できるのが、キューサイの「はちみつ青汁」です。忙しい朝でも、夕ご飯にプラスしても、手軽においしく野菜不足を補えます。

スーパーフード「ケール」と「熟成はちみつ」で健康素材をダブルで摂取できます!

体に必要な栄養素がいっぱいの「ケール」
キューサイがこだわる青汁の原料ケールは、ビタミン・ミネラル・食物繊維など、現代人に不足しがちな栄養素を補うことができる「スーパー野菜」。特にカルシウム、β-カロテン、ビタミンCなどを多く含むのが特長です。
カルシウム…トマトの 約31倍
β-カロテン…トマトの 約5倍
ビタミンC…トマトの 約5.4倍

※ 日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

ミネラルの吸収も高めてくれる「熟成はちみつ」
厳格な基準を設けた品質管理のもとで作られた山田養蜂場の熟成はちみつ。
アミノ酸やビタミン類を多く含んだエネルギー源であるとともに、ケール青汁に含まれるミネラルなどの吸収性を高めてくれる健康素材です。

毎日続けられる、飲みやすさ!

ほんのり甘く、なめらかな口当たりが好評の「はちみつ青汁」は、初めて青汁に挑戦する方にもおすすめです。「野菜嫌いの子どもが喜んで飲んでくれるので助かった」「今まで苦手だったのに飲めてうれしい」というお声を多くお寄せいただいています。

※ 2010年3月21日~4月4日のうち3日間 福岡・大阪・東京にて計105名の方にアンケート調査を実施 キューサイ(株)調べ

USER REVIEWユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

送料無料

ほんのり甘くて飲みやすい お子様からお年寄まで喜ばれています

はちみつ青汁(スティックタイプ)

¥3,909(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ

RECOMMENDこの商品を見ている人はこんな商品を見ています