送料無料おすすめ

【機能性表示食品】血中の中性脂肪値を下げたい方へ!

DHA&EPA860(約30日分)

中性脂肪値が気になり始めたらDHA&EPA860

こんな方におすすめ!
・健康診断の結果が気になる
・脂っこい食事が好き
・甘いものが好き
・中性脂肪値が昔より高くなっている

■血中中性脂肪とは
食事から摂った脂質や糖質が必要なエネルギーよりも多かった場合、使われなかったエネルギーが肝臓で中性脂肪となり、血液中に溢れ出します。 それが血中中性脂肪です。
基準値は30~149mg/dLが正常範囲※とされています。150mg/dL以上になると健康リスクを高める原因の一つとなります。

カラー・商品を選択してください。

¥4,104(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ
※軽減税率対象商品

ドロドロ血液は健康リスクを高めます。

血液中の中性脂肪値が多すぎると、血液の粘度が高まってドロドロになります。
そうすると血液が流れにくくなり、隅々に行き渡りにくくなる他、さまざまな健康リスクが高まってしまいます。

性・年代別の血中中性脂肪値

男女ともに20代、30代と比べて40代以上で血中中性脂肪(TG値)140mg/dL以上の方が多くなっています。

「DHA&EPA860」2つの特長!

【特長1】DHA・EPAが血中の中性脂肪値を低下させる!
DHA・EPAには、血中の中性脂肪の分解を促しエネルギーとしてどんどん消費させる働きと、食事で摂った炭水化物や脂質から中性脂肪を作り出すのを抑える働きがあります。
そのため、血中の中性脂肪値を低下させます。
[参考]DHA・EPAとは、青魚に多く含まれるサラサラ成分で、必須脂肪酸「オメガ3」の一種です。

【特長2】一日6粒目安で860mgが摂取できる!
毎日の食事からの摂取が難しいDHA・EPAを毎日しっかり補えるよう、1日の目安量6粒に860mgを配合しました。
これは本まぐろ刺身(赤身)約7人前※に含まれる量です。

※1人前80gとして
出典:文部科学省 食品成分データベース、ベターホーム協会 ベターホーム食品成分表

機能性関与成分DHA・EPA860ml配合

<届出表示>
本品にはDHA・EPAが含まれます。
DHA・EPAには、血中の中性脂肪値を低下させる機能があることが報告されています。
<機能性表示食品 届出番号:B337>

※本品は特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

送料無料おすすめ

【機能性表示食品】血中の中性脂肪値を下げたい方へ!

DHA&EPA860(約30日分)

¥4,104(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ