送料無料産地直送

広大な牧場でのびのびと育ったなかやま牛と国産豚肉のミンチを使用

なかやま牧場 ハンバーグ

牛が快適に過ごせる環境で一頭一頭大事に育てる

広大な牧場でのびのびと育ったなかやま牛と国産豚肉のミンチを使用した手作りハンバーグです。一つひとつを丁寧にこねてつくりあげたやさしい味わいは、子どもも大人も大満足のごちそうです。

カラー・サイズを選択してください。

¥3,180(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ

飼育員のみなさん

標高380メートルのところに建ち並ぶ牛舎。寒暖差があることで肉質がよくなるという。日当たりを考えて牛舎をすべて南向きにしたり、山間のところどころに木を植えて暑さに弱い牛に木陰を作ったりといった工夫をしている。担当の牛舎が決まっているため、担当者でない人が世話をすると、牛も違和感を覚えるらしく「誰?」といったそぶりを見せるという。牛舎は昔の電柱を再利用した木製。鉄製よりもあたりがやさしいだろうとの考えから。

牛の訴えがわかる飼育 をするのが目標

「牛がおとなしいでしょ?」 飼育員のひとり、前田さんはいう。それは、牛を手荒に扱っていない証拠なのだそう。無理をさせていないからストレスを感じにくい、よって穏やかというわけだ。

適度が一番。健康が一番。

「サシ(霜降り)がたくさん入った肉はうまいかもしれないけれど、牛にとって快適でない環境はどうかと思うよね。うちもサシが入るようには育てるけれど、無理はさせたくない。適度が一番。健康が一番」

牛が快適に過ごせる環境とは、 人も好む環境

なかやま牧場が考える牛が快適に過ごせる環境とは、人も好む環境。これを理想に掲げ、牛舎をすべて南向きにしたり、風通しをよくしたりして工夫を施している。「そりゃあ、風もあたらなきゃーなぁ。牛も暑かろうねぇ」当たり前というニュアンスが含まれた印象的な言葉だ。

昼食は、休憩所でそろって食べる。食事後は、昼寝をするなどして午後への鋭気を養う。

USER REVIEWユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

送料無料産地直送

広大な牧場でのびのびと育ったなかやま牛と国産豚肉のミンチを使用

なかやま牧場 ハンバーグ

¥3,180(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ