八ヶ岳生とうもろこし

八ヶ岳生とうもろこし

  • 果物のような甘いとうもろこし

    生で食べられる、果物のような甘いとうもろこし

    茹でる・焼く。この工程無しでも、”すぐ”にがぶりと食べることができてしまう、とうもろこしが存在するんです。
    その名もHAMARA FARMの『八ヶ岳生とうもろこし』。
    味わいは、みずみずしく甘い。まるで果物のような特徴を持っています。
    この甘さは一般的なメロンよりも甘さをもち、平均糖度20度を誇ります。甘いメロンでも16度程度であることから、想像以上の甘みがお口の中で広がります。

  • 15度以上の気温差が美味しさを作る

    15度以上の気温差が美味しさを作る

    果物のような甘みをもつ『八ヶ岳生とうもろこし』が育つのは、寒暖差を味方にしているからなのです。

    HAMARA FARMの畑は八ヶ岳山麓の西南部。標高1000m以上の原村ならではの昼夜の厳しい寒暖差がこのとうもろこしの甘みの秘訣。

    栽培時は、苗を温室内での水やりと温度管理からはじまり、約2か月の間は2~3日ごとの細かい作付けと、「生」で食べれるよう安全さにも心掛け、【肥料はふんだんに、農薬はひかえめに】をモットーに減農薬での栽培に取り組んでいます。

  • ギフトボックスの中には、甘さと新鮮さが詰まってます

    ギフトボックスの中には、甘さと新鮮さが詰まってます

    美味しいものを届けたい想いは、発送時まで抜かりなく。
    可能な限り「朝採れたて」を目指し、発送当日の朝5時に収穫。収穫後、特注の鮮度保持フィルムに包まれ、鮮度を保ち、甘さも逃さないよう縦入れし、「朝採れたて」に近い状態でお届けしています。

  • 日本ギフト大賞の実績を持つ

    日本ギフト大賞の実績を持つ、HAMARA FARMの“正直な農業”

    2015年 日本ギフト大賞 長野賞受賞、2016年 フードアクションニッポンアワード入賞、2018年 諏訪の国ブランド認定商品第一号商品。

    数々の賞に選ばれ、今後も勢いから目が離せない『八ヶ岳生とうもろこし』。

    この『八ヶ岳生とうもろこし』の誕生は、「面白さ」の追及がきっかけ。
    原村出身の同級生2人組が地元の農地・道具・農業の先輩たちの恵みに気づき、可能性を胸に抱きながらHAMARA FARMは歩みだしました。

    苦労を味わっても彼らの中には一つの「正直な想い」で溢れています。
    「野菜は正直だから、野菜作りを通じて自分にも仲間にも正直になっていく。やればやるほど、農業は面白い!」
    この「正直な想い」が『八ヶ岳生とうもろこし』の誕生につながっています。

  • 「生」で食べてみてください

    開けたらそのまま、「生」で食べてみてください

    お手元に届きましたら、鮮度・甘みの特徴を「生」で、まずはかじってみてください。

    その後は加熱してから冷蔵保存すると、3日間ほど美味しく召し上がれます。

    【調理方法】
    1.皮をむき、軽く水をつけ、1本ずつラップにくるみます。
    2.レンジで、1本あたり約2分半加熱。
    3.氷水にさらして急冷します。
    4.ラップにくるんだまま、冷蔵庫で冷やします。

【予約販売】

  • 八ヶ岳生とうもろこし8本ギフトボックス

    【予約】八ヶ岳生とうもろこし 8本ギフトボックス
    出荷時期:8月下旬

    新鮮さ・美味さをオリジナルギフトボックスに詰めてお届けします。発送日の朝5時に収穫し、クール便にて直送。この甘さは果物以上!?驚きの味わいを、「生」でガブリとお召し上がりください。

    8本ギフトボックス

    4,000円(税込、送料込)

    商品の購入はこちら

※こちらの商品は8月下旬~9月上旬の出荷となります。
あらかじめご了承の上、ご注文をお願いいたします。