【スタッフレビュー】
色とりどり、
見て・飲んでほしい。
網走ビール。

abasiri1

「PREMIUM MALLの商品の魅力をもっとお客様にお伝えしたい。」
その想いを皆様にお伝えしたく、スタッフレビューページを開設いたしました。

今回は、【網走ビール】をご紹介

今年からPREMIUM MALLで、アルコール販売がついに解禁し、
販売開始から、贈り物としても人気の商品となっております。

網走ビール工場長のこだわりは、
“地域の産物、ロマンを生かした特徴のあるものこそ、本当の意味での地ビール”。

日本の地ビールでは少ない『三窯方式』による醸造で、二つの窯で醸造したのち、三つ目の窯で副原料を加え、網走ビールの特徴ともいえる、カラフルなビールたちが出来上がります。
色にちなんだ、網走での数々のストーリーを、ビールにこめて鮮やかに。

個性豊かなラベル。そしてカラフルなビール。
見た目じゃどんな味か予測不可能。ですよね。

言えるのは、
“グラスに注ぐのが楽しくなる鮮やかさ、各種味わいが表情豊かで、シーン別に使い分けたくなる”
ということ。

ご購入に迷っている方へ、是非ご参考になれば幸いです。


abasiri2

内容は、
流氷ドラフト2本、知床ドラフト・桜桃の雫・監極の黒・ABASHIRIプレミアムビール 各1本
※流氷ドラフト2本、知床ドラフト・桜桃の雫は発泡酒

さっそく、色鮮やかなビールたちからご紹介。

abasiri3

【知床ドラフト】
・大自然を彷彿させる緑。世界遺産の知床をイメージした商品。
香りは自然を感じる、お茶のようなやさしい植物の香り。
味わいは麦芽と抹茶風味の味わいが深みを生み出しています。
料理だと、蕎麦やうどんに合いそうです!
緑茶にあう料理に添えたい。

abasiri4

・桜桃の名前の通り、よく似合うのは桜の咲く桃色の季節。お気に入りのグラスに注いで飲みたくなる品。
網走産のさくらんぼを使用し、さくらんぼの甘酸っぱい香りが広がります。
味わいはしっかりとさくらんぼの特徴を感じることができ、アルコールがちょっと苦手な方も、とても飲みやすい味わいです。
パスタやチーズを一緒に食べたくなりました。
あるいは生クリームたくさんのケーキと一緒に!

abasiri5

【流氷ドラフト】
・オホーツク海をイメージしたと言われています。
青いお酒。香りも味も予測不可能でした。
公式では網走の”冬”の風物詩というキャッチコピーですが、
グラスに出来上がる小さな海は、ぐびっと夏でもピッタリ!(個人的に)
飲んでみると、香りも味わいもかなりフルーティ。
こんなに爽快さあふれるなら、夏のお出かけ先でグイっと飲んでみたい。



お次は、まばゆい黄金とシックな黒の2色をご紹介。

個人的に北海道のビールは、サラっとして、スイスイ飲めて、のどごしが軽いな、と感じています。

こちらの2種類も、上品かつ北海道のビールの個性を活かした、上質な軽さを持つ
ビールです。

abasiri6

【網走プレミアムビール】
・爽やかさのある上品な香り。何より泡のボリューム感が印象的!
ビールの泡を味わうのがお好きな方には特におすすめ。
飲み終わっても泡が残り、名前通りの『プレミアム』な気持ちに浸りました。
味わいは、苦みが少なく、絶妙な麦芽のうま味を感じます。
“今日は、ほんのすこし贅沢に過ごしたいな。”
そんな日に、お好きなアラカルトと一緒に飲んでいただきたい。

abasiri7

【監極の黒】
商品のキャッチコピーがダントツ個性的。笑
網走の個性を表現した「網走ビール」の世界観の中でも、これはインパクト大ですね!
キャッチコピー、“この味に、あなたは囚われる。"
この言葉は、間違っていなかったです。
黒ビール特有の芳醇さは、5種の麦芽のブレンドにより、マイルドに。のどごしは軽く、とても飲みやすいです。
ライトな味わいに、うっかり“囚われている”概念など忘れ去ってしまっていました。
ビールを堪能し、最後に泡を飲み干す。
喉を通る泡。「わあ!?」と、つい声が出てしまう。
まさに、“囚われた”瞬間です。
この泡に、5種類の麦芽の魅力が濃縮され、個性的な香ばしさが口に広がります。
泡まで楽しめるインパクト大のオモシロ商品です。



網走のロマンを個性豊かに美しく、ビールとして表現した「網走ビール」。
次はどんな味?どんな色?グラスに注いだ色彩から、遊ぶつもりで飲んでほしいです。

お気に入り1本に出逢えますように。