PREMIUM MALL
定期便サービス利用規約

この「PREMIUM MALL 定期便サービス利用規約」(以下「本規約」といいます。)は、「PREMIUM MALL利用規約」(以下「基本規約」といいます。)に基づいて本サービスの提供を受けるお客様に対し、本商品のうち本部が別途指定する商品(以下「本定期便商品」といいます。)をお客様のお申込内容に従って定期的かつ継続的に提供するサービス(以下「本定期便サービス」といいます。)を内容とする定期購入契約(以下「本定期購入契約」といいます。)に関する基本条件を定めることを目的とします。

第1条(用語の定義)

  1. 本規約において使用される用語の定義は、次のとおりとします。また、本規約の各条項(前文の内容を含みます。以下同様とします。)において定義される用語の意義は、文脈上明白に異なる場合を除き、その他の各条項においても同一の意義を有するものとします。
    1. 『休止』とは、お客様の希望により、配送周期に従った本定期便商品の配送を一時的に取りやめることをいいます。
    2. 『解約』とは、『申出解約』及び『強制解約』をいいます。
    3. 『申出解約』とは、お客様が本定期購入契約の解約を本部へ通知し、本部の定める手続きを経て、将来に向かって当該契約の解約をおこなうことをいいます。
    4. 『強制解約』とは、本部が第8条3項に基づいて強制的に本定期購入契約の解約をおこなうことをいいます。
  2. 本規約において使用する用語の定義は、文脈上明白に異なる意味で用いられている場合を除き、基本規約の定めに従うものとします。

第2条(本サービスの内容)

  1. 本部は、本規約のほか、必要に応じて本定期便サービスに係る注意事項(本定期便商品の掲載ページ、FAQを含みます。)その他本規約を補足又は追加する規定事項(以下「追加規約等」といいます。)を定めることがあります。追加規約等は、本規約の一部を構成するものとします。
  2. 本規約の規定と追加規約等の規定が相反又は実質的に相違するときは本規約の規定を優先的に適用するものとします。
  3. 本規約の規定と基本規約の規定が相反又は実質的に相違するときは本規約の規定を優先的に適用するものとし、本規約に定めのない事項については基本規約の規定に従うものとします。なお、基本規約の適用にあたっては、「本サービス」を「本定期便サービス」に、「本サービス利用契約」を「本定期購入契約」に置き換えることその他必要な読替えを適宜おこなうものとします。
  4. 本定期便サービスの利用にあたっては、基本規約第11条を適用しないものとします。

第3条(本定期便サービスのお申込み及び契約成立)

  1. 本定期便サービスのご利用を希望されるお客様は、本規約にご同意いただいた上で、本部が指定する方法に従って、本定期便商品の注文に関するお申込みをいただく必要があります。なお、お客様による本定期便サービスの申込みがあるときは、お客様が本規約の全部について異議なくご同意いただいたものと取り扱います。
  2. お客様は、本定期便サービスのお申込時に、本部が別途指定する方法に従い、追加の登録情報として以下各号に定める各項目を届け出るものとします。(以下、届出いただいた各項目を総称して「定期便登録情報」といいます。)
    1. 本定期便サービスにおける配送先の住所、氏名及び電話番号
    2. 本定期便商品の種類及び1配送あたりの数量
    3. 配送周期及びその配送日時(時間帯については、時間帯指定が可能なものに限ります。)
    4. 本定期便商品の注文総額等の支払いに使用する決済方法
    5. その他本部が別途指定する事項
  3. 本部は、お客様から本条1項に基づく申込みを受けた場合、そのお申込みを受け付けた旨とその内容を記載した電子メールを自動的に送信するものとします。この電子メールはお客様によるお申込みを本部に到達したことをお客様に通知するためにおこなわれるものであり、本定期購入契約の申込みの意思表示に対する承諾の意思表示とは異なります。
  4. お客様と本部との間の本定期購入契約は、個々の本定期便商品ごとにおこなわれる本条1項に基づくお客様の申込みに対して、本部が本定期便サービスのお申込みを承諾した時点で成立するものとします。なお、定期便登録情報の登録完了をもって本部がこの承諾の意思表示をおこなったものと取り扱います。
  5. お客様は、本条2項に基づいて本部に定期便登録情報を届け出るにあたっては、これらの内容の正確性を期するようにするものとします。万が一、これらの内容の全部若しくは一部が正確でなかったことによって本定期便サービスの利用ができないことその他の不利益(お客様による当該不備によって費用等が別途発生することを含みます。)については、お客様がこれを負担するものとします。
  6. 本条4項の定めにかかわらず、本定期便サービスの利用資格を有していないことが判明した場合、本定期便サービスの利用に関して不正もしくは不適当な行為があった場合又は決済代行事業者から与信不履行等の旨の連絡があった場合には、本部はお客様との間の本定期購入契約の取消し又は解除、履行の停止その他適切な措置を取ることがあります。
  7. 本定期便商品の所有権及びその滅失、汚損、毀損その他の危険はお客様が本定期便商品を受領した時点でお客様に移転します。
  8. 本定期便サービスの提供地域は、日本国内のうち本部が別途指定する地域に限定されるものとします。

第4条(本定期便サービス)

  1. 本部は、本定期購入契約を締結したお客様に対して、定期便登録情報に従って本定期便商品の注文及び配送を自動的におこなうものとします。
  2. 本部は、本定期購入契約の有効期間中、この本定期購入契約で定める配送周期に基づいて本定期便商品を配送するものとします。なお、本定期便商品の初回配送開始日については、第3条1項に基づくお申込みを勘案して、本部がこれを決定するものとします。
  3. お客様は、本定期便商品を本定期購入契約で定める配送周期以外の期日を指定して追加で注文することはできないものとします。
  4. 本定期便商品に関する提供条件は、本部が別途定めるものとします。
  5. 本定期便商品の返品その他の事項については基本規約における本商品の取扱いに準じるものとします

第5条(定期便登録情報の変更)

  1. お客様が定期便登録情報の変更を希望されるときは、本定期便商品の次回配送予定日から起算して6営業日前(本定期便商品ごとに本部が別途期日を指定したときはその日)までに本部が別途指定する方法によってその旨を届け出るものとします。ただし、定期便登録情報のうち配送周期については変更ができないものとします。
  2. お客様は、本条1項で規定する変更の届出が同項で規定する期日までにおこなわれない場合又はその内容に誤りがある場合、本部がその変更の届出前の定期便登録情報の内容に従って本定期便サービスを提供することにつきあらかじめ承諾いただくものとします。

第6条(本定期便サービスの代金及びその支払い)

  1. お客様は、本部に対し、本定期便商品の配送実績に基づき、本部が別途指定する本定期便商品の注文総額等を支払うものとします。
  2. 本部による本定期便商品の注文総額の請求は、本定期便商品の配送時を基準におこなわれます。
  3. 本定期便商品の決済方法については、当社が別途指定するものとします。
  4. 本定期便商品の注文総額は、本定期購入契約に基づいて自動的に注文が行われた時点で適用される本定期便商品の販売価格を基準にして算出されるものとします。
  5. お客様は、第3条1項に基づくお申込時に表示されている本定期便商品の販売価格はこの申込時点に係る情報となるものであり、将来的に変更される可能性があることについてあらかじめ承諾するものとします。
  6. お客様がお支払いする個別の本定期便商品の注文総額は、個々の本定期便商品の注文が自動的におこなわれた時点を基準にして決定するものとします。なお、本部がお客様に対して請求する注文総額の確認を希望するお客様は、本部が別途指定する方法によるものとします。
  7. 注文総額等の支払方法その他の詳細については当社が別途指定するものとし、その指定がない事項については基本規約に準じるものとします。

第7条(本定期便サービスの『休止』)

  1. お客様は、本定期購入契約が終了するまでの間、本定期便サービスを継続して利用いただくものとします。ただし、お客様は、本条2項に基づいて手続をおこなうことを条件に、本定期便サービスの『休止』ができるものとします。
  2. お客様が本定期便サービスの『休止』を希望する場合、本定期便商品の次回配送予定日から起算して6営業日前(本定期便商品ごとに本部が別途期日を指定したときはその日を指すものとし、以下「休止申出期日」といいます。)までに本部が別途指定する方法によってその旨を届け出るものとします。
  3. お客様は、休止申出期日の経過後に『休止』を申し出た場合、既に本定期便商品の配送に着手しているため、配送された本定期便商品の注文総額を支払うものとします。
  4. お客様は、本条1項ただし書及び2項の定めにかかわらず、同一の本定期便商品について2回連続して本定期便サービスの『休止』をすることができないものとします。なお、この『休止』の回数に制限を設けないものとします。

第8条(本定期購入契約の『解約』)

  1. お客様が直近に到来する配送予定日(以下「次回配送予定日」といいます。)に係る本定期便商品が配送されるまでに本定期購入契約の『申出解約』を希望される場合、次回配送予定日から起算して6営業日前(本定期便商品ごとに本部が別途期日を指定したときはその日を指すものとし、以下「解約申出期日」といいます。)までに本部が別途指定する方法によってその旨を申し出るものとします。なお、次回配送予定日が到来するまでにおこなわれた『申出解約』が解約申出期日を経過しているときは、次回配送予定日の経過後に『申出解約』をおこなったものと取り扱われるものとします。
  2. お客様は、本条1項の申出に不備がある場合、第9条1項1号で規定する期日に本定期購入契約の『申出解約』ができないことがあることにつきあらかじめ承諾いただくものとします。
  3. お客様が基本規約第17条1項各号のいずれかの事由に該当する場合、本部は何らの通知・催告等をせずに『強制解約』をおこなうものとします。
  4. お客様が基本規約第17条1項各号のいずれかの事由に該当する場合、お客様は、本部に対する全ての債務について当然に期限の利益を失い、直ちに債務全額を本部に支払うものとします。この場合、本部は別途通知することなく、本部がお客様に対して有する債権とお客様が本部に対して有する債権とを対当額で相殺し、お客様の本部に対する債務の弁済に充当します。

第9条(本定期購入契約の終了)

  1. 1. 本定期購入契約は、以下各号のいずれかに該当するときに終了するものとします。
    1. お客様が第8条1項に基づいて『申出解約』の申出をおこない、本部がこの『申出解約』に基づく『解約』の手続きが完了したとき
    2. 本部が第8条3項に基づいて『強制解約』をおこなったとき
    3. 第10条に基づいて本定期便サービスが終了したとき
    4. 本定期購入契約において定期配送の回数に上限がある場合においては、その上限に達するまで定期配送が実施されたとき(この回数には、(ⅰ)『休止』があった場合におけるその『休止』した回数及び(ⅱ)定期配送が実施されたにもかかわらずお客様による受領が確認できずに本定期便商品が返送された回数が含まれるものとします。)
  2. お客様は、本定期購入契約が終了した場合といえども、その終了までに発生する注文総額等の支払義務及びその他の本定期購入契約上の金銭債務の履行の責任を免れないものとします。

第10条(本定期便サービスの終了等について)

本部は、お客様に対する事前の承諾の取得及び個別の通知をおこなうことなく、いつでも本定期便サービスの全部又は一部を変更し、若しくは終了することができるものとします。

プレミアムウォーター株式会社
       2021年 2月 15日 制定
以 上