送料別おすすめ

とても高級なコーヒーとして知られるゲイシャ種を100%使用

江戸東京コーヒー FUKAGAWA GEISHA 100g(粉)

世界で最も高級なコーヒーの種類として知られる
『ゲイシャ種100%!』

ゲイシャ種特有のフローラルな香りが世界でも人気のコーヒーです。東京下町、深川の地で愛され続けるコーヒー専門店PICOが、特別に焙煎した逸品。

カラー・サイズを選択してください。

¥1,134(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ
※軽減税率対象商品

江戸東京コーヒーとは

栽培エリアまで指定した「マイクロロット」のコーヒーを世界中から集め、独自の高度な技術で焙煎。
厳選したコーヒーを使って作り上げたブレンドに、私たちの愛する『江戸東京』を代表する町の名を名づけました。
それぞれの町をイメージしたコーヒーで、今の東京らしさを表現しています。

江戸東京を感じる逸品、
それが、江戸東京コーヒーです。

世界で注目の高級品種・ゲイシャ種について

ゲイシャとは、アラビカ種の品種の1つで、エチオピア原産の品種です。
エチオピア南西部のゲシャという地名から、ゲイシャとよばれています。

フローラルな花のような香りを持ち、現在、世界で最も注目されているコーヒーの品種の1つです。

1931年にエチオピアのゲシャで発見され、ケニア・タンザニア・コスタリカの研究所をへて、1978年ごろにパナマに導入されたといわれてます。

パナマでは当初、ゲイシャの栽培は失敗に終わったらしく、その後、栽培品種として、パナマ国内に広がっていくことはありませんでした。

ゲイシャが世界に再登場したのは、2004年。

ベストオブパナマというパナマのコーヒーの審査会で、 世界的にも有名なエスメラルダ農園から、ゲイシャのコーヒーが出品され、その香りが高く評価され、当時のコーヒー取引価格の約30倍という、過去最高価格で落札されました。

現在では、パナマをはじめ、コスタリカ、グァテマラなど、世界中でゲイシャが栽培されるようになっている品種です。 また、ゲイシャと一口にいっても、土地、標高、栽培条件等によって、微妙に異なっています。

エチオピア・ゲシャヴィレッジ について

ゲシャ・ヴィレッジ(Gesha Village)は、Adam Overton氏が2011年にエチオピアのゲシャではじめた農園です。

写真:農園主アダムさんと、エチオピア人の奥様レイチェルさん

お2人は、2007年にエチオピア政府からコーヒーのドキュメンタリー映画製作依頼をきっかけに、エチオピアの人々の生活、文化、風習に魅了され、コーヒーの栽培をすることを決意します。
当初は、首都であるアディスアベバ近郊で土地を探しますが、コーヒー栽培に適した環境など、自分たちの理想とする気候条件に合わず、最終的に辿り着いた場所が、アディスアベバからだと、車で丸2日もかかかる土地、Gesha種の発祥の地であるGesha村だったのです。

一目見た瞬間からこの地に魅入られた夫妻が最初に行った事、それは、現地のメアニット族の人々との話し合いでした。
メアニット族は何世紀もこの地の守護者として、この大切な大地を守り続けており、彼らの理解を得ること、そして彼らとともに協力していくことが必要不可欠でした。
夫妻は、 Shaya氏と Oma氏の二人の族長に、環境に配慮した農園づくりをすることを時間をかけて説明し、メアニット族の人々の理解を得、協力して農園づくりをしていくこととなりました。

まったくのゼロからスタートを切ったゲシャビレッジ。
その後、様々な障壁を乗り越えて、6年目の今年2017年に は1,200袋を超える生産量(生産2年目)となり、世界各地のバリスタ大会でも、その品質を高く評価されています。

今回ご紹介させて頂くのは、GESHA VILLAGE農園のコーヒーです。
良質なコーヒーへの敬意も込めて、GESHA VILLAGE農園では酋長の名前がコーヒー生産の地区名に付けられていることもあります。

写真:酋長Shaya氏

ゲイシャ種特有のフローラルな花のような香り、ナチュラル特有の甘味。余韻のやさしい酸味をぜひお楽しみください。

送料別おすすめ

とても高級なコーヒーとして知られるゲイシャ種を100%使用

江戸東京コーヒー FUKAGAWA GEISHA 100g(粉)

¥1,134(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ