送料無料ギフト

飲み物によって色の違う富士山が見えます

田島窯 江戸硝子 富士山 タンブラー 桜切子(木箱入)

グラスの底にそびえ立つ麗峰富士。江戸時代からの硝子製法を受け継いだ「江戸硝子」と富士山がコラボレーションしたグラスです。表情豊かな富士山を眺めながら楽しむ、寛ぎの時間をプレゼントしませんか。注いだ飲み物の色合いが山肌に反射してさまざまな表情の富士山を楽しむことが出来ます。

カラー・サイズを選択してください。

カラーを選択してください

選択されたカラー:桜切子

サイズを選択してください

ロックグラス
タンブラー

選択されたサイズ:タンブラー

¥9,300(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ

この国の、息吹であり続ける。

江戸時代から受け継がれる「江戸硝子」。
私たち田島硝子は、その伝統の火を決して絶やすことなく未来へと繋いでいく。
確かな技術を持った職人たちの手で、一つひとつ丁寧につくられるガラスには、
他にはない奥深い味わいと、ぬくもりがある。
熱く、泥臭く、そして、誠実に。そこには、伝統の“今”が息づいている。
伝統技術とは、決して過去のものではない。
それは、現代最高の技術であり、今もなお革新し、進化し続けるもの。
50年先も、100年先も、日本の美しさの一部であり続けるために、
私たちは今日も、明日も息を吹き続ける。

型吹き

内部の温度が1,500度にも達するという大きな窯の中で溶かされた
ガラス生地を少しずつ吹き竿に巻き取り、専用の金型の中で
息を吹き込み成形されます。特殊な型油を用いて粉末コルクを繰り返し
塗り炙ることで、金型の内側には薄い炭素の層ができます。
そこに水を含ませ、高温のガラス生地を吹き込むことにより、
瞬間的に水蒸気の膜ができるため、成形されたガラスの表面が
なめらかですべすべとした質感になります。

細足

型吹きしたグラスなどにステム部分(ワイングラスなどの足の部分)
を付ける技法です。

被せ硝子

ガラス素地を覆うように色ガラスを重ねて熔着する技法です。
内側に色ガラスを重ねたときは内被せ硝子、
外側に色ガラスを重ねたときは外被せ硝子といいます。
江戸切子やサンドブラスト制作の素材として利用されています。

氷紋硝子

吹いた熱いガラスを冷水の中に入れ急冷して強制的に氷を砕いたような
網目状の模様を表現する技法です。
熟練したガラス職人のみが生み出すことのできる、
江戸硝子の代表的な技法のひとつです。

延ばし

手延ばし技法とは、溶けた熱いガラスを棹に巻き取りハサミで切り落とし、
枠型に沿って、金属の物差しのような延ばし用具で形を整え、
形状型の上に乗せて成型する方法です。

モール

グラスに模様を付ける技法です。
型吹きする前にこのモール型にガラスを入れます。
出来上がったグラスには凹凸ができ、光の反射でキラキラと輝きます。

江戸切子

模様の見当となる横線・縦線を硝子に引き、
工業用ダイヤモンドで硝子を削って模様をつけます。
砥石、磨き粉(細かい石の粒子)で硝子のカット面を磨きます。
一般的に磨きは、酸磨き(薬品処理)と手磨きが行われています。
当社の製品は全て手磨きで磨きを行っており、硝子の繊細な
色や細かいカット模様を表現しています。

富士山グラス

ガラス職人の手技が冴える伝統技法で世界遺産の富士山をグラスの底に入れました。ウイスキー、カンパリ、ブランディー、カルーア、等々...飲み物によって色の違う富士山が見えるから、何をどうして飲んでみようかと迷う愉しみも...。光と影で彩りを変えてゆく、グラスの中の富士山をゆるりと眺めながら、心に残る時間をお過ごし下さい。

USER REVIEWユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

送料無料ギフト

飲み物によって色の違う富士山が見えます

田島窯 江戸硝子 富士山 タンブラー 桜切子(木箱入)

¥9,300(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ

RECOMMENDこの商品を見ている人はこんな商品を見ています